骨の髄まで私に尽くせ。【長堀かおる】第5話ネタバレ

「甘い物が無性にほしくなる時ってあるでしょ?だから釣れるの。」
遂にさやかの黒い部分が顕在化してきました。
もう後は底なし沼にはまるだけ・・・

『骨の髄まで私に尽くせ。』はコミックフェスタで配信中です。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲
「骨の髄まで」「長堀かおる」で検索してね♪

骨の髄まで私に尽くせ。 第5話ネタバレ

さやかとの逢瀬で舞い上がりっぱなしの一樹。
会社でも浮ついていましたが、家でも浮つきっぱなし。
美奈子から「気分悪いからお弁当買ってきて」と言われて買ってきたのは油こってりのお腹に重そうなものばかり。
「食べられる勝手の・・・」と怒る美奈子にちょっと同情。
ごめんとしか言えない一樹ですが、その態度は美奈子の怒りに油を注いでしまいます。
ついには娘の花音まで巻き込んで喧嘩!?と思ったところで美奈子が退いて(と言うか呆れて)事なきを得ます。

美奈子との喧嘩でぐったりした一樹。
そこに届いたのはさやかからのほんわかした「明日の夜ご飯どお?」と言うメッセージ。
さっきまでギスギスしていたところだったので、一樹も二つ返事でOK。

翌日、待ち合わせ場所にやってきたさやかは先日以上に可愛い恰好をしています。
白いコートに赤いスカート。いつもジャージしか着ていない美奈子とは雲泥の差です。
もう一樹の笑顔が本当にうれしそう。
食事もおしゃれなレストランでワインを飲みつつ昔話で盛り上がります。

「・・・変わってないね」
さやかの何気ない一言ですが、それは一樹がさやかに対していだいていた印象と同じものでした。
「藤田くんと話していると安心するんだ」
思わぬところで意見が一致し、なんだかいい雰囲気に・・・
帰り道はどちらからともなく手をつないでしまいます。

「なんだか、こうしていると普通のカップルみたい」
「・・・」
さやかも一樹に家庭がある事は百も承知のはずなのですが、何故か誘うような言動を繰り返します。
「このあと、どうする・・・?」

骨の髄まで私に尽くせ 第5話レビュー

遂にさやかが仕掛けてきた感がある「骨の髄まで私に尽くせ」第5話です。
初めて会ったときは、結婚して子供がいることに「順調だね、おめでとう」とまで言ってくれたさやかですが、たった1日で「このあと、どうする?」って・・・
もう完全に獲物を狩る肉食獣ですよ~。

さて、獲物認定されてしまった一樹くんですがまんざらでもなさそうなあたりがムカつく笑
これは6話はベッドインか!?と思ってしまいますよね!(実際ベッドインしちゃいますが)

ここまでさやかは一樹の妻・美奈子のアンチテーゼとして描かれてますね。
第1話で一樹は「最近はご無沙汰」と発言していますので、一樹にとってもさやかの言動は魅力的なはず。
しかも一樹が黙っていてもさやかの方から誘ってくるのですから、まさに上げ膳据え膳状態。
哀れな一樹は食べられちゃうのでした・・・
そして『骨の髄まで私に尽くせ。』はここから一気に加速していきます。
もちろん、さやかの暗黒面も一気に顕在化して物語は一気にエグいことになります。
もうここまでの平穏がウソのように、です。

『骨の髄まで私に尽くせ。』はここからが本番ですよ!

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲
「骨の髄まで」「長堀かおる」で検索してね♪