骨の髄まで私に尽くせ。【長堀かおる】第2話ネタバレ

10年ぶりに再会した仲村さやかに突然土下座する一樹。
一樹には土下座するだけの理由があったのですが、その理由とは・・・!?

『骨の髄まで私に尽くせ。』はコミックフェスタで配信中です。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲
「骨の髄まで」「長堀かおる」で検索してね♪

骨の髄まで私に尽くせ。 第2話ネタバレ

一樹に気づかず立ち去ろうとする仲村さやか。
その後を追い
「あの!すみません」
「・・・ひさしぶり」
さやかも驚いたようですが、どうやら一目で一樹のことが判ったようです。

ところが声をかけたまではいいのですが、その後の言葉が続かない一樹。
ここで一樹の脳裏をよぎったのは10年前のあの事件。

さやかはトイレでスカートをはぎ取られ、全身びしょ濡れ。
もちろん、自分から好んでそうなったのではなく、女子グループにイジメられていたのです。
そこに居合わせた一樹は、イジメは良くないと諭しますが逆にイジメに巻き込まれてしまいます。

女子グループが言うには「スカートを洗ってやっていただけ」。
いかにも当然というようにいじめを正当化する女子グループ。
必死に言い返そうとする一樹ですが、その視線は女子グループではなく、さやかの白い足に。。。
さやかはスカートをはぎ取られ、ブラウス越しにパンツが透けて見えます。
しかもびしょ濡れなので体の線もくっきり浮かび上がっています。

これで見るなっていう方が無理ですね。
これを見た女子グループは「それ、挿れさせたら面白くね?」。
さすがに真っ青になるさやかと一樹。

しかし、脅されたさやかと一樹はこれを拒否するとこはできません。
さやかは自ら下着を脱いで、一樹の上に跨り・・・

まさかこんなかたちで初めてをヤってしまうとは・・・ちょっとショックですね。
そんな過去があり、しかもその後すぐにさやかは引っ越してしまったので一樹は謝ることもできなかったのです。

「ごめん!!」
10年間胸の内に貯めていたものを吐き出すように土下座する藤田。
・・・これはさやかも引くだろ・・・と思ったのですが、それより先に
「あの時のこと、ずっと謝りたかったんだ!!」
言いたかったことをすべて話してしまう一樹。
これに対しさやかは・・・

骨の髄まで私に尽くせ 第2話レビュー

藤田他の行動はある意味潔いですが、街中でこれやるのは反則でしょう。
さやかも怒鳴りたくても怒鳴れませんよ、これ。
『骨の髄まで私に尽くせ。』第2話は藤田が土下座するところでおしまい。
この後のさやかの反応は『骨の髄まで私に尽くせ。』3話で明らかになります。

それよりも、『骨の髄まで私に尽くせ。』第2話のメインは一樹とさやかの過去ですね。
まさかイジメられてエッチさせられちゃうなんて衝撃的すぎます。
しかも、みんなの前、トイレの中でです。
女の子の初体験としては最低最悪の部類に入るでしょう。
『骨の髄まで私に尽くせ。』本編では描かれていませんが状況から察するにナカに出してますしね。
一樹の再会即土下座もうなずけます。

それにしても『骨の髄まで私に尽くせ。』第2話のタイトルは秀逸で考えさせられますね。
タイトルは「何故、男は「卒業」で女は「喪失」なのか」なのですが、もしこれがさやかの本音だとしたら、一樹を恨んでいる可能性もあり得ますね。
でも、再会直後の言葉が「ひさしぶり」なので、恨み辛みの伏線ではないかもなぁ・・・

どちらにせよ、さやかの本音は3話で明らかになりそうですね。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲
「骨の髄まで」「長堀かおる」で検索してね♪