神の乳母 異形に奪われた妻【チンジャオ娘】

マンションの上の階に引っ越してきた神守さん。
その神守さんがベビーシッターを探していると聞いた百合恵は、そのバイトに応募しようとします。
ちょうど子供の手も離れてきた頃ですし、夫もOKしてくれたので、さっそく神守さんに話を伺いに行きます。
ところが、この神守さんの家はおかしなところだらけ・・・
家の中は真っ暗だし、神守さんは真っ黒な喪服のようなものを着ているし・・・
極めつけは、百合恵がベビーシッターすることになる赤ちゃんでした・・・

神の乳母【チンジャオ娘】

神守さんに紹介された赤ちゃんは明らかに人間ではありません。
強いて言えば、セミの身体に人間の頭がついたようなシロモノだったのです。
驚いて逃げようとする百合恵ですが、神守さんはそこまで想定済みだったようです。
百合恵が逃げられないようにして、強制的に百合恵を神の乳母にしてしまいます。

しかも、神守さんは家族の安全についてまで言及し、絶対に百合恵を逃げられないようにします。
こうして百合恵は神の乳母として異形の相手することになってしまいます。
来る日も来る日も神守さんの家に行っては、異形に嬲られる毎日・・・
しかし、嬲られ続けていくうちに百合恵の心の中にも変化が生まれてきます。
それは、「神」と呼ばれる異形がだんだん愛おしくなってきたのです。

百合恵の中では家族のためという名目があるのですが、本心では神の乳母として嬲られることを望むようになっていたのです。
こうなってはもう、百合恵を止めるものはありません。

しかし、この嬲られ放題の日々も終わりが近づいてきます。
変化があったのは百合恵だけではなく、神と呼ばれた異形にもあったのです。
百合恵と交わることによってだんだんと大きくなった異形はついに、百合恵を女として認識します。
それまでは、触手で嬲られるだけだったのですが、異形の目的は種付けに変わったのです。
もちろん友里恵はそれを拒む様子もなく、むしろ望んで受け入れていきます。

こうして種付けが終わった後、神守さんの部屋に残っていたのは百合恵だけでした。
大きくなった異形も神守さんも跡形もなく、百合恵は本能的に神の乳母の役目が終わったと認識します。

こうして百合恵の日常に平穏が戻ってきた・・・はずなのですが、物語はまだ終わりませんでした。
それは、百合恵が妊娠したのです。
百合恵自身はとてもうれしそうなのですが、これを不可解に思っていた人物がいます。
それが、百合恵の夫です。

実は友里恵はかつて流産しており、その時のショックから「いないはずの子供」がいると信じ込んでいたフシがあるのです。
今回の妊娠によってその思い込みは解除されてきているのですが、夫にとっては何か不気味なものがすぐ近くにいる気がしてならないのです・・・

たいまん!~男装娘「やめろ僕に触るな…っ」【久保田チヒロ】

お嬢様校に進学するはずが、願書の出し間違いで不良男子校に入学してしまった駒姫 英。
周囲は不良しかいないので、しかたなく男装娘として学校に通うことにしたのですが・・・
その風貌が災いして不良に絡まれまくり!
そのすべてを撃退していたら、学園の番長にタイマンを挑まれる羽目に!?

たいまん!~男装娘

学園の番長である龍次にタイマンを申し込まれた英。
そんなものに興味はないよと、その場所を離れようとするのですが、そんな態度では龍次や周りの不良たちが許すはずもありません。
龍次はおバカなのですが、卑怯な性格ではないらしく、上半身裸で素手でタイマンしようと言ってきます。
ところが一向に服を脱ごうとしない英。
まあ、脱いだら男装娘とばれるので当然なのですが、それを見た龍次は服の中に武器を隠し持っている卑怯ものとののしってきます。
もはやと来ようがないレベルで誤解されていますが、脱ぐに脱げずとにかく逃げる英。
それを追う龍次とのタイマンはボロい倉庫に舞台を移します。

幸い、タイマンに巻き込まれたくない不良たちはついてきていませんが、状況は英にとって圧倒的に不利です。
ついに追い詰められて組みつれてしまいます。
このまま殴り合いになるかと思ったのですが、龍次は先に英の服を脱がせないと気が済まないようです。
どんだけ武器にこだわってるんでしょう・・・
腕力では龍次に勝てない英は結局脱がされてしまいます。
すると、サラシを巻いたおっぱいが・・・

龍次にとっては予想外の事態だったのでしょう。
何しろ服の下に武器ではなく。おっぱいがあったのですから笑
あまりのことにタイマンは一時おあずけになってしまいます。
しかし、このまま何もなかったことにして戻るには都合が悪すぎます。
不良たちは英と龍次のタイマンの結果を待っているのですから。

そこで龍次はある提案をしてきます。
これからすることに耐えられたら英の勝ちとするというものです。
問題は、その提案の中身が酷すぎたということ。
まあ、倉庫のような密室で英のような可愛い子がいたらやることはひとつですからね・・・

英は逃げたいのはやまやまですが、逃げると倉庫の外で待っている不良たちに鉢合わせてしまいます。
そこにいる不良全員を倒すことなんてできませんし、何より男装娘だということがバレてしまうのが致命的にまずいのです。
結局、龍次の提案を飲むしかない英。
その後英に訪れた運命とは・・・!?

八百万姦~異界で処女を競り落とされて…【prhs】

異世界に迷い込んでしまった女子大生の友里恵。
そこは八百万姦の名の通り、人ではないものにやられまくってしまう世界でした。
実は友里恵が迷い込んだのは島全体が歓楽街と言う「高天原」。
この島で売られてしまった友里恵は、借金を返し終えるまでカラダを使って働かないといけないという運命を背負わされてしまったのでした。

八百万姦【異界で処女を競り落とされて】

大学生の醍醐味と言えば長い夏休み!
その夏休みを利用して田舎に戻ってきた友里恵。
山の中で遊んでいたところ、見知らぬ女性に出会います。
その女性は巫女らしく、友里恵に巫女の悲運を話してくれます。
彼女が言うには「耐え難い仕打ち」を受け続けてきたとの事。
でも、友里恵にはそれが何であるのか判りません。
後にして思えばこの時すでに八百万姦【異界で処女を競り落とされて】の世界に迷い込んでいたのですが、その女性はそんなことを教えてはくれません。
それどころか、友里恵はこれから同じ目に遭うのだと言わんばかりのセリフを残してどこかに去って行ってしまいます。

あまりのことに理解が追い付かない友里恵。
でも、それはまだ序の口にすぎませんでした。
友里恵はその後すぎに鬼に捕まってしまい、高天原に売られてしまいます。
そして、競りにかけられ借金を返し終えるまで働けと言われてしまいます。
友里恵が相手をするのは、高天原の神様たち。
友里恵の最初の相手は猪神でした。
猪と言うと猪突猛進なイメージがありますが、実はかなり優しく、友里恵は「ここなら何とかやっていけそう」と錯覚してしまいます。
でも、八百万姦の世界はそんなに甘くはなく、もっとひどい相手が友里恵のことを狙っていました。
友里恵はお金を払ってくれる相手を断ることはできず、散々ひどい目に遭わされそうな予感です・・・

八百万姦【異界で処女を競り落とされて】は友里恵が借金返済のために神様たちにヤられまくってしまうというストーリーです。
画像も綺麗で、設定も面白いので一気に読めてしまいます。
友里恵が本格的にヤられ始めるのは八百万姦【異界で処女を競り落とされて】3話あたりからですので、試しに読んでみるときはまず3話~6話あたりを見ることをお薦めします。
でも、世界観や設定を知りたいときは1話や2話が重要となってきますので、最初から読むことをお薦めします。
ちなみに八百万姦【異界で処女を競り落とされて】5話と6話は猪神とのエッチや、友里恵がいる場所の説明があります。
多分7話以降の重要な伏線もありそうです。
管理人的には2017年夏のイチオシ漫画です。

実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ【かいづか】

主人公はバイトをしながら一人暮らしをしている、どこにでもいそうな青年。
唯一普通じゃないと言えば、家にいつもふたりの妹が遊びに来ているという事。
主人公の実家はすぐ近くと言うこともあって、妹がごろごろするための場所にされているのです。


実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ

今日もバイトから帰ると、当たり前のように妹がごろごろしていました。
主人公の妹の名前は琴音と彩音。
彩音はナマイキなギャルと言った感じで、多分主人公の家を占拠している主犯格です。
琴音はかなりおとなしくて素直な子なのですが、彩音と一緒に主人公の家に入り浸るあたり、結構マイペースな子かもしれません。

まあ、ちょっと遊びに来るくらいなら問題ないのですが、琴音と彩音は勝手に家に上がり込んで、全然帰る気配がないのです。
それどころか、実家で禁止された入浴剤を使いたいと言って、勝手に風呂まで用意しています。
さすがに主人公も切れていいと思うのですが、可愛い妹のやる事なので大目に見ているようですね。
ところがこの入浴剤が思わぬ事件の発端となってしまいます。
「実は今入ってます」はこの入浴剤入りお風呂を使いたいとわがままを言う綾音&琴音と、普通に風呂に入ってゆっくりしたい主人公のバトルです。

もちろん主戦場は風呂場。
と言うことはいろいろ起こりそうな予感がしますよね。
彩音と琴音は水着も持参するという用意周到さを見せますが、そんなのほぼ無意味でしょう(笑

こうして、入浴剤を巡って風呂場バトルになるのですが、最初の被害者は琴音。
実は綾音が主人公と湯船の争奪戦をすることに躊躇して、琴音に最初を譲ってしまうのです。
ナマイキギャルのくせに意外と臆病かも・・・
そして、彩音に言われるままに先陣を切った琴音が主人公の餌食になってしまいます。
でも、琴音も途中から結構その気になっているあたり、実は結構エッチな子なのかも・・・

貴様は死体だが、命に別状はない。【岩葉純希】1話ネタバレ

火事で死んでしまったアイドル明星きらら。
マネージャーの成田はきららを蘇生させようとある場所にきららの骨を持ち込むのですが・・・
 
貴様は死体だが、命に別状はない。
 
突然の火事で命を落としてしまったアイドルの明星きらら。
ところが、暫くしてきららは病室のベッドの上で目を覚まします。
確かに火事に巻き込まれて大やけどを負ったはずなのに、何ともありません。
それどころか、もうダメだとさえ思ったのに・・・

きららの記憶は火事の前後で混濁しており、何が起こったのかよく判りません。
それもそのはず、実はきららは一度死んでおりしたいとして蘇っていたのです。
きららの蘇生を望んだのは、きららのマネージャーの成田吾郎です。

成田は生と死を司る蘇命庵というところで、きらら復活できると聞いたのです。
成田はこっそりときららの遺骨を持ち出し、蘇命庵に向かいます。
蘇命庵にいたのはカスミと名乗る若い魔女と、助手の赤音、そしてしゃべる骸骨(後に分かりますが、フランという名前だそうです)。
カスミは成田の話を聞き、きららの身体の一部があれば蘇生できると告げます。

成田はあらかじめ「ある人」からその話を聞いていたので、遺骨をこっそり持ち出したのです。
カスミはあっさりときららの蘇生に同意してくれます。ただし、カスミが言うには完璧な蘇生ではないというのです。
しかし、蘇生できることに変わりはありません。
成田はきららのマネージャーという立場以上の想いをきららに対していだいているらしく、どのような事があっても蘇生させたいと願っていたのです。

そして、カスミはきららの蘇生をすることになるのですが・・・

ここまでが第1話の内容です。
結構伏線が多くて1話だけでは謎が多すぎですね。
そもそも成田に蘇命庵の事を教えたのが誰であるのかが判りません。
カスミは一般人と思われる赤音を雇っているので、完全に外界と関係を遮断しているわけではないと思われますが、それでもカスミのような人物に会うのは簡単ではないはずです。
それを成田に成し遂げさせたのは、他でもな「ある人」です。
このある人が今後のキーわおどーになってきそうな感じがしますね。

ラッキードスケベ!前編【まろん☆まろん】ネタバレ

ふらっと立ち寄ったフリーマーケットで「淫運成就」という怪しいお守りを手に入れたヒロシ。
お守りを手に入れた途端、エロい女の子とラッキードスケベ起きまくり!?
冴えない人生が一変して、毎日ヤり放題!?

ラッキードスケベ▲詳細はこちら▲

ラッキードスケベ!ネタバレ

フリーマーケットでなんとなく買ってみた「淫運成就」のお守り。
本当はネットで転売できればと思っていた程度なのですが、このお守りがすごすぎた!?
このお守りをもって外に出ればエロい事が発生しまくり!!

何しろ、家のドアを開けたら隣の巨乳JKが通路で生着替え中だったりするのです。
その後もこんなこと一生に一度あるかないかくらいのラッキードスケベが続きます。
駅のホームで椅子に座っていたらポニテJKが転んでそのままフェラしてくれたりと、あり得ないことばかり。
しかも、そのタイミングに限って周囲に人がいなくなるというおまけつき。
このお守りのおかげで毎日がばら色になっていきます。

でも、ここまで都合のいいことが続くと、ちょっと疑いたくなるもの人のサガです。
このお守りの中には何が入っているのだろうと思ってしまいますよね。
そこで試しにお守りを開いてみると、そこに入っていたのは白い粉。
これがラッキードスケベを引き起こしているなんて信じられません。

でも、もしこの粉がラッキードスケベを引き起こしているなら、この粉を食べればいつでもどこでもラッキードスケベが起こるのでは・・・?
そんなアホな考えに惹かれてしまった主人公は、本当にこの粉を食べてしまいます。
普通なら腹を壊したりしそうなのですが、結果は全く逆。お守りなしでもラッキードスケベが発生しまくります。
しかも、より身近になったおかげか、以前よりラッキードスケベの起こり方がすごくなっています。
もはや考えただけでそれが実現するというとんでもない力を亭に入れた主人公(エロ限定ですが)。

この力を使って気に入った子を喰いまくっていきます。

「ラッキードスケベ前編」はむっちりした女の子が意味不明な理由でエロい事されちゃうまろん☆まろんさんの漫画です。
登場する女の子は基本巨乳でエロい身体!(一人だけ例外がいますが・・・)
そんなエロい子を好き放題に中出しエッチ!
結構なご都合主義漫画ですが、そんなことお構いなしに突き進む主人公(と淫運成就のお守り)。

1シーンがとても濃密でボリュームも満点です。

骨の髄まで私に尽くせ。【長堀かおる】第12話ネタバレ

さやかに別れを切り出した一樹。
さやかの反応は思った以上に過激で感情的で・・・
それを振り切った一樹ですが、数か月後に思いもよらないかたちで復讐されることになってしまいます。

『骨の髄まで私に尽くせ。』はコミックフェスタで配信中です。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲

骨の髄まで私に尽くせ。 第12話ネタバレ

「別れよう」

さやかに短く告げる一樹。
さやかは最初何を言われたのか判らず、「コーヒー淹れなおすね」と場違いな反応をみせます。
が、突如一転。

怒り狂ったさやかは一樹に詰め寄ります。
さやかが今までどれだけ一樹に尽くしてきたのか、身体を捧げたことまで持ち出してなじりまくります。
それを黙って聞くだけの一樹。
一樹の決意が動かないと判ると、さやかは今度は泣き落としにでます。

この態度がころころ変わる様子は、一樹とさやかが初めてホテルに行った日の夜を思い出させてくれます。
初めて交わりあったその日、一樹は娘の病気で家に帰ってしまったのですが、その後さやかはリスカ。
その写真を一樹に送りつけるという方法で一樹の気を引こうとします。
結果的にさやかの目論見は成就して、一樹はさやかの家に駆け込むことになったのです。

恐らくさやかはそれと同じ手で一樹をオトそうとしたようですが、今回だけは一樹は違いました。
冷たくさやかを突き放すと、そのまま帰ってしまいます。

骨の髄まで私に尽くせ。は今までも何度かターニングポイントとなる事件が起こりましたが、これはその中でも最大級で決定的です。
さやかは「奥さんにバラす」とまで脅してきますが、それでも一樹は動じずに「勝手にしろ」と言い放ちます。

ここだけ見ると一樹の行動は立派と言えなくもないですが、元はと言えば一樹の不倫が原因です。
さやかの行動はともかく感情的には同情できる点は少なくありません。
それに対して、一樹の行動や感情は全て自分勝手。
同情どころか情状酌量の余地すらありません。
あまりのクズっぷりに嫌気がさしてくるレベルです。

その意味ではさやかが可哀想です。

が、そのまま引き下がる程さやかはか弱くも我慢強くもありませんでした。
さやかはさやかで一樹に復讐するための準備を始めます。
骨の髄まで私に尽くせ。の11話まではなんだかんだ言っても恋愛っぽいところもありましたが、ここからは完全に復讐劇です。

とはいえ、すぐに行動を起こすほどさやかは浅はかではなく、念入りに計画を立て始めます。
このため、表面的勝一時的にとはいえ一樹には平穏が訪れます。

やがて季節が巡ってもう少しでクリスマスという時期になります。
ある日一樹が家に帰ると、知らない女ものの靴が・・・
妻の美奈子が言うには最近仲良くなった友達がいて、家に来てもらったそうです。
一樹としても子育てに大変な美奈子に友達ができるのは良いことだと思ったのですが・・・
なんと、今にいたのは仲村さやか!?
「初めまして。仲村さやかといいます」
いけしゃあしゃあと自己紹介するさやか。
表情は笑っていますが、目は嗤っていません。

目の前が真っ暗になる一樹。
もうどうすればいいのやら・・・!?

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲

骨の髄まで私に尽くせ。【長堀かおる】第11話ネタバレ

相変わらずさやかとの関係を続ける一樹。
しかし、さやかに罠を仕掛けられてしまい、デート先で妻と遭遇!?
絶体絶命の状況で一樹は・・・!?

『骨の髄まで私に尽くせ。』はコミックフェスタで配信中です。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲

骨の髄まで私に尽くせ。 第11話ネタバレ

休日の朝早くから出勤する一樹。
妻の美奈子と娘の花音に見送られ、そそくさと出かけた先は・・・さやかとのデートでした。
どうしようもないですね、このクズ男は。

一樹とさやかが向かったのは自宅からかなり離れた場所にあるショッピングモール。
さやかの希望だったのですが、家からかなり距離があるので安全だろうと思い承諾する一樹。
映画を見たり、プレゼントを買ってあげたりして楽しい時を過ごします。

が、やっぱり一樹はどこかで家族のことを考えているんです。
ネックレスをさやかに買ってあげたときも、安い方を選んで「高い方のは、ちょっと・・・」と。
要するに言外に「家族がいるから」と言ってるのと同じなんですけどね、これ。
さやかもそのことを敏感に悟ったらしく、かなり不満気です。

が、そんなことは一樹に悟らせないさやか。
そして、「あること」に気づいたさやかは一樹に抱き付きます。
さやかが気付いた「ある事」とは、美奈子と花音でした。

実はさやかは美奈子と花音が人気アニメのイベントのため、このショッピングモールにくることを知っていたのです。
それを承知のうえで一樹とのデート先をここに選んだのでした。

さやかからしてみれば、美奈子が見つけてくれれば万々歳。
怒り狂った美奈子が離婚を切り出してくれれば、一樹は自分のものというわけです。
この単純ですが威力抜群の目論見はほぼ達成されかけますが、直前で回避されます。
花音が一樹だ好きなドーナツ店を見つけて、「買って帰ろう」と言い出したので美奈子の注意がそれてしまったのです。

完全に外的要因とはいえ命拾いした一樹。
もちろん速攻で撤退です。
そのままさやかの家に行く一樹とさやか。

トラップは不発だったとはいえ、一樹が肝をつぶしたことを確信したさやかは満足そうです。
この女は本当にちょっとずつ追い詰めていきますね・・・・

ご機嫌なさやかとは真逆に渋い顔の一樹。
そして遂に一樹が一言切り出します。
「別れよう」と。

それを聞いてしまったさやかは・・・!?

それにしても本当にさやかは性格が悪い、というか歪んでますね・・・
さやかの罠にハメられっぱなしの一樹ですが、ここでようやく関係を断ち切る一言を発します。
まあ、さやかがおとなしく受け取るとはつゆほども思えませんが。
それを覚悟のうえで言い出したのなら大したものです。
12話は骨の髄まで私に尽くせ最大の修羅場になりそうですね。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲

ビッチが田舎にやってきた【チンジャオ娘。】第1話ネタバレ

都会から田舎にやってきたギャルの奈緒ちゃん。
田舎の男たちにビッチと勘違いされてしまい・・・!?

ビッチが田舎にやってきた▲無料立ち読みはこちら▲

ビッチが田舎にやってきた 第1話ネタバレ

親の仕事の都合で田舎に引っ越すことになってしまった奈緒ちゃん。
彼氏もいて都会での暮らしが楽しくて仕方がない奈緒ちゃんにとって、1年とはいえ田舎に行くのは不本意すぎます。
それでも拒否できなかったのは奈緒ちゃんの若さを考えれば仕方がないことですが・・・

しかし、奈緒ちゃんが引っ越した田舎は酷すぎました。
地方都市かと思っていたら、完全な田園地帯。
カラオケもなければコンビニすらない。
さらに交通機関は1日数本のバスだけ。
かろうじて携帯は繋がりますが、ほとんど島流し状態です。

あまりのド田舎っぷりに初日からどんよりしている奈緒ちゃん。
いままで娯楽に困ったことがないところからいきなりこのド田舎はキツすぎます。

隔絶された田舎なので都会からやってきたというだけで奈緒ちゃんの周りには人だかりができます。
単に都会から来たということが珍しいのかと思っていたら、もっととんでもない理由がありました。
それは、奈緒ちゃんがビッチではないかということ。

あまりにバカげた話ですが、田舎者の情報入手手段はネットのみ。
ネットの情報なんて玉石混合なのですが、彼らはご丁寧に全部鵜呑みにしているようなのです。
田舎の男たちによると、都会はビッチばかりで毎日ヤりまくっている、と。
そして、奈緒ちゃんはネットにあるビッチの情報に合致するから、ビッチが田舎にやってきたと騒いでいたのです。
ばかばかし過ぎて話にならないのですが、彼らは本気です。

都会に住んでいたころの奈緒ちゃんなら、一笑に付して終わりなのですが、ここはドラクのないド田舎。
もしかしたらこいつらをからかうと楽しいかもしれないと、よくない考えが浮かんでしまいます。
奈緒ちゃんにしれ見ればちょっとの間暇つぶしができればいいやと思っていた程度です。
しかし、奈緒ちゃんは田舎者の情報リテラシーのなさを過小評価していました。

奈緒ちゃんがからかったことによって、田舎の男たちは自分たちが知っていた情報は本当だったと思い込んでしまうのです。
奈緒ちゃんからしてみれば、そう簡単にビッチがうろうろしているわけないだろ!と思っているのですが、こんな常識すらこのド田舎では通用しなかったのです。
こうして奈緒ちゃんは墓穴を掘ってしまい、大変な田舎生活を送ることになってしまいます。

それにしても、初対面の女の子にビッチが田舎にやってきたというとはこの田舎、恐るべしです・・・

骨の髄まで私に尽くせ。【長堀かおる】第10話ネタバレ

さやかを再びホテルに連れ込んでしまった一樹。
情熱的なセックスしたまではいいのですが・・・その後のさやかの行動が不信すぎる!?

『骨の髄まで私に尽くせ。』はコミックフェスタで配信中です。

骨の髄まで私に尽くせ。

▲無料立ち読みはこちらから▲

骨の髄まで私に尽くせ。 第10話ネタバレ

9話で一樹に問い詰められて過呼吸になってしまったさやか。
どうやらさやかのトラウマに触れてしまったようです。

突然のことに焦る一樹。
さやかの様子はとても演技とは思えず、さやかの看護に追われてしまいます。
このため、さやかへの詰問は有耶無耶に・・・

やっと落ち着いたさやかは素直に自分の行為を謝ってきます。
潤んだ目で「ごめんね、どうしても逢いたくて」なんて言われたらそれ以上問い詰められませんよね。
一樹にとってもこれは効いたらしく、無言で車を走らせ出します。

一樹が向かったのは近くのホテル。
そこで自分の欲望の赴くままにセックスをし始めます。
まさか一樹がこんなに強引だとは思っていなかったさやかもちょっと驚いています。
しかし、自分が求められている状況はさやかにとっては満足がいくものらしく、黙ってそれを受け入れます。
こうしてよりを戻したかのように見える一樹とさやかですが・・・

夕方になってホテルから一人出てくるさやか。
ホテルに入った時と服装が違うし1人だしと、いろいろおかしな点があります。
極めつけはホテルを出るなり携帯を取り出して、「終わりました」と報告。
電話はすぐに切れてしまいましたし、どこに電話をしたのか全く不明です。
ですが、彼氏と一緒にホテルに入って出てきた女の子がすることではありませんね。

さやかは情緒不安定なので普段から態度がころころ変わるので、このホテルから出てきた女とさやかが同一人物かどうか不明です。
もしかしたらさやかはふたりいると考えることもできますが・・・
明らかに何かの伏線ですよね~。

その日の夜。
昼間の情熱的なさやかはどこへやら。
暗い部屋で缶ビールを飲みながら携帯で何かを探しています。
さやかの目的は一樹のSNSアカウント。
しかし、一樹はこういったことをやらないのか全く見つかりません。
その代わり、さやかが見つけたのは一樹の妻・美奈子のアカウントです。

美奈子のアカウントを手掛かりに次々と一樹の情報を得るさやか。
これからきちんと付き合おうと思っていたら普通は直接聞きますよね、こんなこと。
つまり、さやかは何らかの目的があって一樹の情報を秘密裏に手に入れたかったと考えることもできます。

「あの日・・・あんなことがなければ・・・今藤田くんの隣にいるのは私のはずなのに」
ぽつりとつぶやくさやかのこの一言が本音なのでしょうね・・・